ドラえもん

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日

アニメ感想・レビュー

泣ける名作「ドラえもん のび太と鉄人兵団」の涙腺崩壊必至のストーリーとは?

2021年7月14日

「ドラえもん のび太と鉄人兵団」は2011年にリメイク版が公開されましたが、子供のころにオリジナル版を見たことがあるというパパやママも多いでしょう。

今作は泣けるドラえもん作品のひとつとしても、新作・旧作ともに人気です。この記事では、映画の登場人物や見どころについて取り上げていきます。


こんな方におすすめ

  • のび太と鉄人兵団の内容を知りたいパパやママ
  • 泣けるドラえもん映画が観たいパパやママ
  • 大人も子供も楽しめる内容のドラえもん映画について知りたい人


映画「のび太と鉄人兵団」とは?

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日

のび太と鉄人兵団の詳細について紹介します。

のび太と鉄人兵団の公開日は?

旧作「のび太と鉄人兵団」は1986年3月15日公開。新作となる「新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~」は、2011年3月5日に公開されました。


のび太と鉄人兵団の主題歌(挿入歌)は?

主題歌

旧作は、オープニング「ドラえもんのうた」、エンディング「わたしが不思議」。新作は、オープニング「夢をかなえてドラえもん」、エンディングテーマ「友達の唄」。

友達の唄はBUMP OF CHICKENが手掛けたもので、この作品のために書き下ろされたものだとか。

挿入歌

旧作版は、「ポケットの中に」、新作は、「メカトピアのテーマ」や「アムとイムのうた」など多数。

ポケットの中には、ドラえもんシリーズではおなじみの俳優武田鉄矢氏が作詞を手掛けたものです。新作の「ニャバダ・ワンダフル」の歌は、ゲスト声優でもある千秋さんが担当しています。


のび太と鉄人兵団にはあの人も声優として登場!

新作版のゲスト声優には、タレントの千秋さんや加藤浩次さんが参加。

作品内には国民的スターとして「福山雅秋」というキャラクターが登場し、実際に福山雅治さんがアフレコを行っています。

このキャラクターは映画以外にも、通常アニメや3時間スペシャルでも登場しているので、気になる人はぜひチェックしてみてください。


「のび太と鉄人兵団」のメイン登場人物は?

映画の登場キャラクターは、ドラえもん、のび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫、そしてドラミちゃんという、おなじみのメンバーのほか、個性的で愛らしいキャラクターがたくさん出てきます。そのなかでも、今作のストーリーに欠かせない3キャラクターを紹介します。


工事用ロボット「ザンダクロス」

のび太とドラえもんが拾って組み立てたロボットで、本当の名前は「ジュド」。実は、地球に基地を作るためにメカトピアから地球に送りこまれた工事用ロボットなのです。


元はザンダクロスの頭脳「ピッポ」

もともとはザンダクロスの頭脳でしたが、ひみつ道具の「おはなしボックス」によりひよこ型に改良されることに。「人間はロボットの奴隷になるべき」と信じていたが、のび太たちと行動するうちに気持ちが変化していきます。


スパイロボット「リルル」

地球に基地を作り、安全に鉄人兵団を誘導する使命を持つスパイロボット。当初は人間を嫌っていたものの、裏山で爆発にあい、しずかちゃんの看護を受たことで、友情が芽生えていきます。




「のび太と鉄人兵団」のあらすじは?

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日

北極で巨大ロボットの足と謎の球体を見つけたのび太。それを家に持ち帰ったところ、謎の球体に導かれるように、ロボットの部品が次々と庭に落ちてきたのです。のび太はドラえもんと協力してロボットを組み立て「ザンダクロス」と名付けますが、そこに、ロボットの持ち主であると名乗る女の子リルルが現れます。

実はリルルとザンダクロスは、ロボットの星「メカトピア」から地球人を奴隷にすることを目的に送り込まれたことがわかり、それを知ったのび太達は地球を救うために立ち上がるのでした。


思わずママが大号泣!感想を紹介

この映画のみどころは、リルルが地球人であるのび太たちに心をゆるし、友情が芽生えるところ。とくにしずかちゃんとの友情は感動ものです。(40歳/幼稚園男児のママ)

巨大ロボットのザンダクロスは迫力があるし、ロボット兵団との戦いも手に汗握る展開で、大人も楽しめる作品だと思う。(35歳/保育園男児のパパ)


レンタルや動画サービスでの配信は?

「のび太と鉄人兵団」は新旧版ともに、DVDが発売されています。Amazonなどで購入、DVDの取り扱いがある店舗であればレンタルも可能です。

また、動画配信でも公開されています。U-NEXTなら31日間無料で視聴できるので、気になる方はこまめに配信情報をチェックしましょう。



ロボットと人間の友情に大号泣まちがいなし!

「ドラえもん のび太と鉄人兵団」は、涙なしでは見ることができない名作のひとつです。ロボットと地球人の友情に心動かされるストーリーであり、他人への思いやりの心もテーマとなっている作品なので、親子で視聴する作品としてもおすすめです。新作は、旧版にはないキャラクターや設定もあるので、2作品を比べながら観ても楽しめますよ。


タグ

-アニメ感想・レビュー
-

© 2022 40代サラリーマンの子育て応援