©原泰久/集英社

アニメ感想・レビュー

いま話題のキングダムとは?あらすじや漫画情報など徹底解説!

2021年8月23日

キングダムのあらすじについて、簡単に紹介していきます。キングダムはテレビアニメに続き、実写映画も公開された話題の作品です。実写映画では、山崎賢人さんを主役に迎え、吉沢亮さん・長澤まさみさん・橋本環奈さんなど豪華なキャスト陣で制作されています。


こんな方におすすめ

  • キングダムに興味がある人
  • キングダムを読んだことがない人
  • キングダムの映画情報が気になる人



「キングダム」はどんな漫画?

©原泰久/集英社

春秋戦国時代の中国・秦が舞台で、戦争孤児である「信(しん)」が主人公の物語です。紀元前250年頃から、約500年にもわたり中国統一を目指した、大戦争時代。「信」と同じく戦争孤児であり親友の「漂(ひょう)」とともに、下僕でありながらも「天下の大将軍」になることを夢見て、日々修行を積むことから物語が始まります。ある日「漂」は、王宮へと連れて行かれるのです。

王宮では反乱が起きていて、秦の王「嬴政(えいせい)」と瓜二つの容姿を持つ「漂」は、身代わりとして殺されてしまいました。「信」が「漂」の意志を継いで、王宮を取り戻すことから物語は広がっていきます。


キングダムの魅力とは?

「キングダム」はなぜ人気があるのでしょうか。そのポイントを紹介しましょう。


・「信」の成り上がり

下僕である少年「信」が、親友の「漂」との約束のため、ひとつひとつの戦いで成果を上げ、駆け上がっていく様子が、見ていて心地いいのです。

・魅力的なキャラクター

敵・味方関係なく、魅力あふれるキャラクターたちが数多く登場します。背景もとても丁寧に描かれているので、リーダー性や男らしさに共感や憧れを抱く人も少なくないでしょう。

・戦闘シーン

戦闘シーンは、画の迫力はもちろんですが、緻密な戦略やどんでん返しなどが面白く、中だるみがないので、どの戦いでも毎回盛り上がります。


参考育児中のパートナーに贈りたい「キングダム」の名言5選

この記事では、中国の歴史を描いた「キングダム」の名言をご紹介します。累計2200万部を超える発行部数を誇るマンガで、アニ ...

続きを見る

 



【ネタバレ注意!】漫画のあらすじ詳細を簡単に紹介!

最新59巻まで発売されている漫画のあらすじを、簡単に紹介しましょう。


・王弟反乱編(1巻〜5巻)

「嬴政」の実の弟である、「成蟜(せいきょう)」のクーデターにより王都は奪われてしまいます。王都では8万もの軍政が待ち構えているのです。山の民を味方につけ、王都に奇襲をかけます。

・蛇甘平原の戦い・刺客襲来編(6巻〜10巻)

下僕の身分を脱出した「信」は、歩兵として戦に参加するのです。千人将とともに、相手の副官を倒し、初陣となった戦は勝利で幕を下ろします。功績を認められた「信」は百人将へと昇進するのです。その一方、王宮内では王である「嬴政」の暗殺が企てられています。暗殺者は予想外の…。

・趙戦編(11巻〜16巻)

修行を終えた「信」は、百人将として自らの隊「飛信隊(ひしんたい)」を率いて、戦に参加します。将軍「王騎(おうき)」が総大将となり立ち向かうのです。

・山陽攻略編(17巻〜23巻)

「信」は三百人将に成長しました。同じく同年代の三百人将「王賁(おうほん)」「蒙恬(もうてん)」と競い合うように、成長していくのです。

・合従軍編(24巻〜33巻)

敵の手によって集められた、6ヶ国が合従軍を形成し、秦に攻めてきました。兵力が足りなく、秦の王「嬴政」自らが戦に出陣したのです。猛攻に耐えてきましたが、ついに突破されてしまいます…。

・王弟謀反編(34巻〜35巻)

合従軍での活躍により、三千人将へ昇格した「信」率いる「飛信隊」は、ますます躍進するのです。そんな中、心を入れ替え「嬴政」の側についた実の弟「成蟜」が反乱を起こしたとの知らが入りました…。

・著雍(ちょよう)攻略編(36巻〜40巻)

中華への進出のため、著雍に狙いを定め、勝利したのです。功績を認められ、「信」は五千人将へ昇格します。中成人を迎えた「嬴政」は、正式な国王となるための、儀式を行っていたのですが、最中で国王反乱軍の牙が剥かれたのです。

・黒羊攻防戦編(41巻〜45巻)

中華統一への大きな一歩、秦国内の統一を果たしました。「嬴政」は「15年で全ての国を滅ぼし中華を統一する」、「信」は「大将軍の席を掴み取る」と互いの夢への決意を固めたのです。また、「飛信隊」パワーアップのため、新兵募集の選抜試験が行われます。

・秦趙連合軍編(46巻〜)

「嬴政」の目標である、中華統一が15年では難しいと考え、敵を出し抜くための奇策を考えたのです。敵との情報戦が始まり、読めたと思ったら裏をかかれる応酬戦を繰り広げ、かつてないほど、戦場は修羅場になりました…。


ますます「信」の成長から目が離せない!

©原泰久/集英社

下民から五千人将までに上り詰めた「信」が、これからどのように活躍するのか、目が離せないでしょう。映画では王弟反乱編までが収録されていましたが、続編制作が決定されました。前作を超える規模で、中華統一への物語は続くのです。

また、2021年4月より、第3シリーズのアニメが放送されており、無料配信サイト、GYAO!やABEMAで視聴することができます。


-アニメ感想・レビュー
-

© 2022 40代サラリーマンの子育て応援